相続・遺言(遺言書の作成)

遺言とは

ご本人の希望を叶えると共に、残された方々の負担を軽減するものです。

遺言を残すことが必要な典型的なケース

  1. 亡くなった後の相続人が一人もいない場合
  2. 遺言者に内縁の妻(又は夫)がいる場合
  3. 長男死亡後も長男の両親の世話をしている長男の妻がいる場合
  4. 夫婦の間に子供がなく、財産が現在の居住不動産のみの場合
  5. 推定相続人の中に行方不明者がいる場合
  6. 家業を継ぐ子供に事業用財産を相続させたい場合
  7. 再婚したことにより、例えば先妻の子供と、後妻がいる場合
  8. 自分亡き後の配偶者の生活が心配な場合
  9. 複数の子供の一人に障害をもつ者がおり、多くの遺産をその者に相続させたい場合

「自筆証書遺言」とは

遺言者が遺言書の全文、日付、名前を自分で書き、印鑑を押印した遺言書。

長所

費用がかからない

短所

  1. 他人に破棄・変造されるおそれがある。また、紛失のおそれもある
  2. 遺言者死亡後に家庭裁判所へ「検認の申立」が必要になる。
  3. 文字が書けないと遺言できない
  4. まちがえて書いた時の訂正方法がとても複雑

「公正証書遺言」とは

遺言者が遺言の趣旨を公証人に伝え、これを公証人が公正証書として作成した遺言書。

長所

  1. 原本が公証人役場に保管されているため、紛失・変造のおそれがなく、相続人等による隠匿、破棄のおそれもない。
  2. 家庭裁判所の検認が必要ないため、遺言者死亡後すぐに遺言を執行できる。
  3. 文字が書けなくても遺言を残すことが可能である。また、口がきけないかたや、耳が聞こえない方でも公正証書遺言は作成できる。

短所

  1. 費用がかかる。
  2. 証人が2人必要である。

公正証書遺言・自筆証書遺言ともに、法律上有効な遺言を作成するためには、様々な要件を満たすことが必要です。
ご不明な点はあまね司法書士事務所までお問い合わせください。 TEL:06-6204-3168

※手続きによって、必要書類・費用・期間などが異なりますので、メールにてお問い合わせください。 >> あまね司法書士事務所へのお問合せ