成年後見

成年後見とは

認知症などにより、意思能力が乏しくなったご本人の身のまわりのお手伝いをしたり、ご本人の財産や権利を守る制度です。

こんなときどうする?

いざという時の手続きを誰に頼むか考えていますか?

  • 相続の手続きをしたいけれど、相続人の一人が認知症で判断能力がない。
  • 認知症の父の不動産を売却して入院費にあてたい。
  • 一人暮らしの高齢の父(または母)が悪徳商法の被害に多数遭っているようだ。
  • 老人ホームに入所している方の判断の雨量区が衰えてきて、施設との契約や財産の管理がうまくできなくなってきている。

法廷後見人選任の申立(家庭裁判所へ)

法定後見制度とは

すでに判断能力が衰えている方のために、家庭裁判所が適切な保護者を選ぶ制度です。
選ばれた保護者は、ご本人の希望を尊重しながら、財産管理や身の回りのお手伝いをします。

  • 一人暮らしで子供もいないけど、将来法的な手続きなどをしてくれる人がいない。
  • 知的障害を持つ子供の将来が心配。
    両親が先に亡くなった後、その子のために財産を残す方法やその使い方、施設への入所手続きなどどうしたらいいのか。

任意後見制度の利用

任意後見制度とは

将来、自分の判断能力が衰えたときにそなえて、あらかじめ保護者(任意後見人)を選んでおきます。
将来の財産や身の回りのことなどについて「こうしてほしい」と、具体的な自分の希望を保護者に頼んでおくことができます。
(任意後見契約)
「任意」という意味は「自分で決める」ということです。万一のときに、「誰に」「どんなことを頼むか」を「自分自身で決める」しくみなのです。